残すところ

今年の行事も殆ど終わり夜もぐっすり眠れるようになり益々食欲旺盛f^_^;

長野の頂いたお土産の野沢菜と醤油豆でご飯がいくらでもo(^-^)o
体重計に乗るのが怖く横目で見て見ぬふり

さて残りの行事は
楽しみな合奏団忘年会と、、、、。

あんさんぶる・ことのは  メンバーはまだあと引きずってます

四人四色(よたりよいろ)各々の曲をスタジオを借りて収録することにしました

先日の舞台では名曲ならぬ迷曲に(泣)

納得ゆくまでやることに!
でも年内に出来るのでしょうか???
誰も自信ありません(-.-;)

年越しするかも(@_@)

カテゴリー: 若岡 — kotonoha 10:14 AM  コメント (0)

学校公演

初演から、はや8年が過ぎ久しぶりの再演となった「島ひきおに」の2日間連続学校公演が終わりました。

島ひきおにの作者山下明生さんの母校である江田島市の柿浦小学校

そして広島市の竹屋小学校での公演は、改めて表現の原点に立ち返る機会となりました。

その機会を頂きました両校の皆さまに心よりお礼を申し上げます。

そして構成、台本、指導、演奏、諸々全てを担当してくださいました栗林秀明先生の音楽感性を共有させて頂いた貴重な2日間に心より感謝です。

そしてそして

何よりも一番嬉しい生徒さん達の表情や感想のことばをおもいおこし、幸せな余韻に浸っております。

本当に本当にありがとうございました。

87E9AA9D-34EF-4CA0-94D4-10FD4B606CE0

9FBE5041-BCB7-4B1B-A69B-6A38F1750988

E8F95208-BC57-479D-978A-FC14BCF8265B

カテゴリー: 若岡 — kotonoha 11:23 PM  コメント (0)

家族

あっというまに1年が過ぎ◯◯歳の誕生日が。。。

朝 北陸の息子夫婦から
「現役でバリバリ活躍してるお母さんを誇りに思います」とメールが届く

夕方 呉の娘が
ケーキと手作り料理持参f^_^;

歳を重ねるにつれて
家族の温かさや元気でいて欲しいという願いを感じます

家族のような教室の生徒さんからいつも元気を沢山もらって バリバリとはゆかないけど現役続行できるといいな~としみじみ思った◯◯歳の誕生日でした(^O^)

カテゴリー: 若岡 — kotonoha 1:35 PM  コメント (0)

公演前

いよいよ来週2つの小学校での「島ひきおに公演」が近づくにつれ
感性鋭い学校の生徒さん達の心に届くのかとても心配な日々です

ナレーション担当のSさんは書き込みすぎてグチャグチャの台本。。
心配になりまっさらな台本を速達便で送りました

そんな時
メンバーのななさんが家でナレーションも鬼さんも全ての台詞を語りながら箏の練習をしてたら
それをじ~っと側で聴いてた小学4年の娘ちゃんが

「鬼が可哀想、、、」と一言

これって
心に響いたということですよね
この一言に色んな思いがあるということですよね

嬉しかったと同時に藁にもすがる不安な公演前の日々です

カテゴリー: 若岡 — kotonoha 8:43 AM  コメント (0)